石見銀山EMエコ物語2015
*
石見銀山EMエコ物語2015 > 最新EM情報 > 毎日出る米のとぎ汁対策

毎日出る米のとぎ汁対策

Pocket

<img src="http://em.simasenka.net/images/em/10rittoru.jpg" width="150" hspace="5" align="left"
我が家は朝昼晩とほとんど米飯食卓です。
そのため、米の濃いとぎ汁が1日に6リットルは出ています。
米のとぎ汁発酵液を作るため、最初は2リットルのペットボトルを使い1本、1本培養していましたが、最近は作り方を変えてみました。


10リットルのポリタンクをホームセンターで5個購入してきました。
水道水で軽く洗い、ポリタンクの中にミカン糖蜜を200ml投入。(全体の2%)
次にEM活性液(EM子)を100ml投入。(全体の1%)
そして自然塩を小さじ2杯入れて、米のとぎ汁が出来れば漏斗を使いポリタンクに次々投入しています。
ミカン糖蜜は100mlでも十分発酵しますが、我が家では黄色の色が薄いので200ml入れて色調整に多めに入れます。
EM父さん 「色が薄いと美味そうに見えんが!」
エコ母さん 「丁度いい塩梅ですよ」
ポリタンクが満タンになれば、次のポリタンクに同じようにミカン糖蜜、EM活性液、自然塩を入れ2個目を作ります。
1個が満タンになるのに、我が家の場合2日です。2日に1個ポリタンクが満タンになるので、5個のポリタンクは10日でEMとぎ汁発酵液で満タンです。
最初のポリタンクが満タンになってから8日目に1個目の10リットルポリタンクを2リットルペットボトルに移し、水道水でキレイに洗浄し再び培養液作りを行います。
こまめに行えば、1ヶ月で3回のローテーションが可能ですから、3回×5個×10リットル=150リットルの大量な米のとぎ汁発酵液が出来上がります。
この大量の米のとぎ汁発酵液を、1日に風呂に1リットル、トイレに1リットル家庭内散布に500ml使って残りを家庭菜園や家庭園芸に使っています。
また、EM廃油石けんやプリン石けん、EMボカシを使うときに大量に使いますので重宝しますよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です