甘い大粒のブルーベリー
*
スポンサー広告

21世紀の健康果実 ブルーベリー

Pocket

アメリカ生まれのブルーベリーは原住民によって食用にされ、果実を食べることによって病気を予防し、健康の回復を早め、疲れを癒やす効果があることが知られ祖先から代々継承されて健康果実として活用されてきました。

眼に良いことを発見

ブルーベリーの保健成分や機能性がブルーベリージャムの大好きなパイロットが第二次世界大戦中に夜間飛行や明け方の攻撃で「薄明かりの中でも物がはっきり見えた」と言ったことからブルーベリーの研究が始まり、ブルーベリーのアントシアニン色素が人間の眼の働きを良くする効果があることがわかり注目されるようになりました。

活性酸素を抑える抗酸化作用

ブルーベリーが人間の眼に効くということのほかにも、強い抗酸化作用があることが注目されています。

癌や脳卒中などの生活習慣病はかなりの割合で活性酸素が関与しています。

この過剰に発生した活性酸素を抑える働きをブルーベリーのアントシアニン色素が持っていることが研究結果でわかってきました。ビタミンEやお茶などのタンニンに匹敵するか上回る強い活性があるようです。

その他の健康機能性

①植物繊維含有量が多い

植物繊維含量は100g当たり4.1gと果実の中では最高の含量で有り、整腸作用や大腸癌の予防に有効であるといわれます。

②毛細血管保護作用、血液中の血小板の不必要な凝固を抑制する作用

③抗潰瘍活性

④抗炎症作用

⑤循環器系機能の改善

以上のような数多くの生理機能が長年の研究で確認され果実の持つ優れた健康機能性からブルーベリーが「驚異の果実」

「21世紀の健康果実」といわれたりしています。

 

 

楽天

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です