石見銀山EMエコ物語2015
*
石見銀山EMエコ物語2015 > EMエコ日記 > 国立公園三瓶山で育ったEM栽培ブルーベリー

国立公園三瓶山で育ったEM栽培ブルーベリー

Pocket

金曜日の出荷を基本にしています。

クール宅急便での出荷ですので、翌日の土曜日には配達できます。

北海道や沖縄、離島はもう少し日にちが必要です。

大山隠岐国立公園の中でも一番西に存在する三瓶山は標高1,126m。

三瓶山は昔、佐比売山(さひめやま)と呼ばれ「出雲国風土記」の国引き神話では、三瓶山と大山に国引きの綱を結んで島根半島を引っ張たという言い伝えがあります。

最高峰の男三瓶は1,126m、女三瓶は957m、子三瓶は961m、孫三瓶は907mと親、子、孫の連なった美しい山です。

(ブルーベリーは合成写真)

ブルーベリー園は子三瓶が見える圃場でEMボカシを与えて土作りを行い、化学合成農薬は化学肥料は一切使用していません。

圃場と外部を仕切る進入防止柵の周りは草刈り機の刃が当たると柵が壊れてしまうので、除草剤を散布します。

園内には除草剤の散布は行わず、自走式の草刈り機「草刈りマサオ君」が活躍しています。

ブルーベリーの株元は刈払機で一日掛けて、丁寧に草刈りを行いブルーベリーを育てています。

温度差の激しい標高500Mの高地での栽培で、甘く大きなブルーベリーが育ちます。

ブルーベリーは目に良いとされる効能の他、花粉症にも効き目があると言われます。

また皮ごと食べられるので、便秘が改善するとも言われるアントシアニン豊富な果物です。

7月より出荷が始まります。

クロネコヤマトのクール宅急便での配送となります。

※天候によりお届けできない場合も御座います。ご了承下さい。

おすすめ

ブルーベリー 1KG

送料 無料

税込み 4,000円

御注文はこちらのサイトへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です